璃美道のおもむくままに

璃美道(リビドー)とは・・・精神分析で、人間に生得的に備わっている衝動の原動力となる本能エネルギー。フロイトは性本能としたが、ユングは広く、すべての行動の根底にある心的エネルギーとした。ここでは僕の璃美道を刺激されたことについて、ぬる~く語ります。


テンション激オチ

シャドウフレアのマスキング作業を始めたのですが、8パーツ中、4パーツがマスキングはがれをしてしまいました。
つまり離型剤落としが不完全だったてこと。全パーツ一通り600番で一なでしたのですが、なでるだけではダメだったようです。全パーツ一皮むくような感覚でないと・・・。

まだまだ苦行が続きます。

ところで、FODのむちゃかっこいい動画を見つけました。古い画像のようですが、知らない曲です。CDになってるようなら誰か教えてくれ~!!

スポンサーサイト
  1. 2010/03/25(木) 07:27:54|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな感じで・・・

関節色を塗ってみました。
P1010031iub.jpg

HJの復刻版の青の騎士を見てると、どの作例もシャドウフレアって真っ黒なんですが、なんかイメージと違う。
関節色は暗めのメタリックパープルグレー(笑)っていう気がして、でもそれってこの前作ったバッシュやん!!と一人突っ込みしてたのですが、小説を読んで、シャドウフレアを黒紫と表現している部分があったので納得。こんな色にしてみました。

しかしあせって塗るとダメですね。失敗の連続です。

ところで、タミヤの光硬化パテってまだ売ってるんですかね?こいつはむっちゃお気に入りです。下の画像の赤丸の部分が光硬化パテです。
P1010030kvbg.jpg
今まで、エポだのポリだのアルテコだの、プラパテだの・・・とりあえずメジャーどころは試してみたんですが、気泡も出来ず、ここまでカリっとエッジを立てられるパテはこいつが初めてです。店じまいの売れ残りを買ったんですが、もっと買っておけばよかった・・・。

小説は最初の2巻は読みました。戦闘描写が微妙というか、ATのくせに初代タイガーマスクばりにルチャってませんか?ベルゼルガ?。イマイチ、イメージがわかず、戦闘シーンは読みづらかったです。
  1. 2010/03/23(火) 00:51:14|
  2. シャドウフレア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残念

今年も不合格でした、社会福祉士・・・。
昨年はノリで受験した感が強かったのですが、今年は勉強の内容はともかく、時間だけはかけたので結構ショック・・・。まあ、とはいえアレくらいで合格するなら苦労しないわけで・・・。まあ、来年受験するかどうかは、夏が終わってから考えます。

ところで、ベルゼルガ物語、チマチマ読んでます。悪役とは知ってましたが、結構、凶悪なイメージでビックリ。おまけにあのでっかい大砲よりも、右手のアイアンクローが象徴的な武器のようです。

となると、あのポーズはヒーローチック過ぎるし、なによりアイアンクローが強調されてない・・・。

まあ、いまさら修正不可能なんですがね。
  1. 2010/03/18(木) 10:31:43|
  2. 社会福祉士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春ですね~。

なんとか捨てサフ吹きまで終了しました。
DCF_0003ihuhkjh.jpg

クレオスの500番の瓶サフをエアブラシでブシューッと・・・。
最初は1000番でやってたんですが、小さな傷が埋まらないのと、塗膜になぜかつやが出て、傷の発見がしにくかったので・・・。その分、ディテールが埋まらないよう気を使いますが・・・。この作業をやると、新たに傷を沢山発見して、かなりテンションが下がります。この表面処理地獄がいつまで続くのかと・・・。これが終わったら、仕上げのサフの1000番を吹きます。

で、ここまでくると、塗装工程なんかも具体的に考えるわけで・・・。

シャドウフレアって何色?ボークスの写真ではグレーですが、その他の作例や完成品は黒・・・。大体、ボトムズモノってウェザリングもバリバリってイメージですが、こいつはどうなん?ってことで、

DCF_0004jhvbjug.jpg

落札しちゃいました。読む暇あるのか?って感じですが・・・。



ところで、昨日、騎士倶楽部のARIKAさんから恒例の蕾菜をいただきました。
相変わらず、超うまいっす。オリーブオイルに塩、こしょうをかけて、サラダのように生でいただきました。

福岡の名産品としてこれから売り出し予定とのことで、まだまだ食べたことのない人が多いはずです。
もし見かけたら、ぜひご賞味あれ!
DCF_0002vygseurtsd.jpg
  1. 2010/03/13(土) 11:45:58|
  2. シャドウフレア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バカ・・・

先日、長女の幼稚園でマラソン大会がありました。
結果は9人中6位。僕は出張で見に行けなかったのですが、嫁さんからの報告によるとなんでも、スタートダッシュをかまして折り返し地点まで1位。その後、どんどん失速しての結果だそうです。

ゴールの後、満面の笑顔で「6番だったよ!!」と嫁さんのところに言いに来たそうです。一番にこだわらず、笑顔で報告に来た娘のがんばりがうれしくお土産を買って帰ることを約束しました。

出張帰りに、一度入ってみたかった古びたおもちゃ問屋に行って見ました。大して売れそうにもない古いだけのおもちゃが沢山ありましたが、半分は駄菓子コーナーでした。そこで、こいつを発見!!
DCF_0001.jpg

即決でした(笑)。

一回30円のくじ引きおやつです。
表には30個近くのあたりおやつが飾られてますが、裏には沢山のハズレが・・・ちなみにハズレは一口サイズの柿の種です。もう5回くらい引いているようですが、当たりは一回だけ・・・。その時は次女が当たったのですが、長女は当然うらやましがり、戦争勃発だったようです。おまけにハズレの柿の種は、幼稚園児には辛すぎてまるで公卿のようにして食べてます。


そして我が家の長男様は、とうとう寝返りを覚えました。長女の時は、それがうれしくてビデオにとって何度も繰り返し見返したものです。しかし3人目にもなると事情が違います。寝返りの恐怖も十分に分かっています。
というのも、寝返りを打つということは、とうとう奴らが移動手段を身につけたという事になります。つまり目標(親)に向かって、ごろごろ転がりながら追いかけてくるのです。その姿といったらもう・・・エクソシストに出てきたブリッジしながら移動する化け物にも似た恐怖があります。

おまけに、ベットやソファにおいて置けば、移動して落っこちる始末・・・。


子育てとは戦いです。いや、マジで!
  1. 2010/03/10(水) 16:11:54|
  2. 璃美道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下地処理

地味に下地処理しております。
何もUPする画像すらありません。
やっとパーティングライン&ゲート処理が終わりました。
当分、UPすることがないかも・・・・
  1. 2010/03/04(木) 23:40:12|
  2. シャドウフレア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダム・ヤンキース

昨日はとても暖かな1日でしたね。考えたらもうすでに3月・・・当たり前といえばそれまでですが。
ちょうどこの時期、桜の前の時期、まだまだ冬の寒さが残りつつも時折、ほっとするような暖かさを感じるような晴れの日に、車を運転しているとどうしても聴きたくなるアルバムがあります。

このバンドとの出会いは19歳の頃でした。
深夜に、うじきつよしさんが司会をする歌番組があってそれを観ておりました。
その日のゲストが、外タレバンドで、うじきつよしさんのテンションが無茶高かったのを覚えてます。

そして、うじきさん以上にテンションの高い、チビなおっさんが二人とひげを生やしたやたらとでかいおっさんが一人いる4人組バンドのライブ映像が紹介されてました。

演奏途中、ひげのおっさんが自分のギターをステージの片隅に立てかけ、いきなりボウガンを持ち出してギターを打ち抜き始めました。「なんちゅう、パフォーマンスだ・・・」と呆れながら見てましたが、そのルックス的にも地味なおっさんたちが奏でる、あまりにもオーソドックスなアメリカン・ハ-ドロックが、当時溢れかえっていた派手派手なハードロックばかりを聴いていた僕にはとても新鮮で、翌日、即効でCDを買いに行きました。

それがこのアルバムです。
61MPx84mUYL__SL500_AA240_.jpg

ダム・ヤンキースの1stアルバム「Damn Yankees 」です。
なんつーかその・・・バンド名からしておバカなアメリカ人丸出しですが・・・。


そして内容も、なんの変哲もないアメリカンハードロックです。当時、モトリークルーだの、ガンズだのが凝りに凝ったアルバムを発表して売れまくっていた中、あまりににも地味でしたが、乾いたギターの音色、分厚いけど爽やかなコーラス・・・そのどこを切ってもアメリカンな感じがとても気持ちのよいアルバムでした。実際、このアルバムも発売当初は目立ったセールを記録してませんでしたが、地味~に売れ続け、結構なヒットアルバムになったようです。

メンバーは、元STYXのトミー・ショウ、元NIGHT RANGERのジャック・ブレイズ(陽気なチビ親父の二人)、テッド・ニュージェント(でかいひげ親父)にドラムの4人です。トミーは、おっさんなのに少女漫画のようなオメメの持ち主でギターとボーカル。ジャックは数年前、B’zの松本さんとTMGを組んでましたが、ベースとボーカル、テッドはダムヤンキースではギターに専念しておりますが、ソロではボーカルもこなすようです。

トミーとジャックはこのバンドがきっかけで、ソングライティングチームとしても注目されたようで、ショウ&ブレイズとしてエアロスミスを始め、色んなバンドに楽曲提供をしています。

このアルバムに収録されている「High Enough 」という曲は、昔リーバイスのCMに使われていまして、聴いたことがある方も多いと思います。よければYou Tubeで、検索してみてください。素晴らしいバラードです。

で、この「どこをきってもアメリカン」な気持ちのよいアルバムは、ちょうど昨日のような気持ちのよい春の日によく合います。19歳の春、このアルバムを聴きながら友人たちと小さな軽自動車に乗って四国一周旅行をしたのも、いい思い出です。

残念ながら、このバンドは2枚のアルバムを発表して、活動停止状態。色んなバンドのライブを見てきましたが、このバンドのライブだけは観ることができませんでした。昨年、活動再開の噂もあったようなんですが、どうなったんでしょ?
  1. 2010/03/01(月) 02:39:40|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

sleipnir131(どんどん)

Author:sleipnir131(どんどん)
讃岐産の福岡在住。
S49モデル!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
模型 (24)
ネタ (34)
璃美道 (43)
ガンダム軽装版 (10)
社会福祉士 (15)
?? (4)
音楽 (27)
メルセデスベンツSLRマクラーレン (7)
バッシュ (6)
この1枚を聴け! (8)
武者頑駄無 (3)
シャドウフレア (9)
なんちゃってドラゴントゥース (12)
エヴァ (7)
ぶ~ぶ~ (5)
テスタロッサ (8)
ゼルベリオス (1)
ビブロス (12)
nativeなネタ (11)
カール (12)
アメリカン (7)
金田のバイク (6)
過去の作品 (8)
刃馬一体 (9)
サーバイン胸像 (8)
インディアン スカウト (14)
ボークス 不知火 (14)
ボークス 馬頭の守護神 (7)
ビグザム馬鹿 (2)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


FC2Ad

まとめ

▲PAGE TOP