璃美道のおもむくままに

璃美道(リビドー)とは・・・精神分析で、人間に生得的に備わっている衝動の原動力となる本能エネルギー。フロイトは性本能としたが、ユングは広く、すべての行動の根底にある心的エネルギーとした。ここでは僕の璃美道を刺激されたことについて、ぬる~く語ります。


今年最後の璃美道

先日、本屋で立ち読みをしていて、衝撃的なものを見つけ、思わず衝動買い(笑)。
DCF_0006.jpg

付録つきの雑誌が話題になって久しいのですが、もうコレはどう考えても付録が主役。
なんと手作りでエレキギターが作れるという・・・。

で、帰って早速作ってみました。
DCF_0004.jpg

説明書には、所要時間1時間とありましたが、手が遅く、電気系の工作が苦手な僕は、慎重に作ったので2時間くらいかかりました。本体自体は、そんなに時間もかからないのですが、アンプ内臓な上にピックアップ(ギターの音を拾うマイク↓)も手作りとシンプルながら凝った内容で、そこらへんの製作には何度も説明書を読みながら、時間をかけて作りました。
DCF_0005.jpg
ピックアップは、昔科学の実験で作ったと思うんですが、所謂、電磁石の構造。磁石の入ったプラスティックの容器の周囲にコイルを巻きつけていくんですが、なんで電磁石がマイクになるのか、さっぱりわかりませんでした。

エレキギターと言っても、ミニなんで弦もウクレレのような4弦使用。しかし、ハードロックテイストの「ジャーン」という所謂ディストーションサウンドを響かせてくれました。

説明書にはチューニングの方法なども書いてましたが、まったくわからずピアノ講師をしていた嫁さんにお願い。そこでまた嫁さんが「面白い!!」とハマってしまう始末。

3500円程度でしたが、十分楽しめるものだと思います。



さて、今年も後、1日となりました。
今年は年末年始と仕事が入っており、家族には申し訳ないのですが、さびしい正月になりそうです。
しかし、1年を振り返ってみると、子供の妊娠発覚、出産、10キロダイエット、車や自転車購入、模型もそこそこ作れたりと、盛りだくさんで楽しい1年でしたね。

それでは皆さんもよいお年を!!
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 06:17:06|
  2. 璃美道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

135

今日は、まさにこんな1枚を紹介をするために、このコーナーを作ったといっても過言ではないというマニアックな1枚を紹介します。

2343d0b28fa0abd126d5b110_L.jpg


僕が小学校の6年か中学生だった頃、身近な友人の中でだけ「このCMカッコよくね?」と話題になったコンポのCMがありました。AKIRAのような近未来を連想させる都市からロケットが飛び立つアニメ・・・。たしかロボットコンポとかいう商品名だったと思います。で、動画サイトで探してみたらありましたよ!!ソイツが!!

ロボットコンポのCM

で、この曲を歌っているのが135というバンドです。曲名は「我愛你」。多分、中国語かなんかでしょうか?このタイトルは。CMからは近未来な感じを受けますが、タイトルといい歌詞といい非常にオリエンタルな曲が個性的で、当時、この曲のシングルレコードを持っていた友人にカセットにダビングしてもらい、繰り返し聴いてました。B面の「トキオの歌」もこれまたオリエンタルな感じ非常にカッコ良かったです。

ちなみに「我愛你」のフルバージョンはこちら↓
我愛你

つーかこちらにはアルバムが色々聴けるものもある。


つーかこのバンドって意外と人気あったのね。知らなかった・・・あのテレサ・テンまでカバーしてるし!!てっきり一発屋かと思ってました。
まあ、僕が知ってるのは1枚目だけなんですが、全体的にテクノポップというんでしょうか?テクノなのにオリエンタルでアコースティックな感じがいい感じなんですが、アルバムの6~7割がオリエンタルな感じが出し切れず、中途半端な歌謡曲になちゃってる感じが非常に残念です。それでも7曲目の「ナスカの風へ自由な蟻」なんかはいい感じです。もっとオリエンタルな路線を明確にすると、ヒットしていたかも・・・。

とりあえずAMAZONも貼っとくけど、プレ値ついてるし・・・(涙)


  1. 2009/12/27(日) 02:55:34|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

だめだ~

まったく集中できない。
無意味にネットを2時間もし続けたり、普段、見ないTVや漫画を読んだり・・・。
挙句の果てに今日は禁断のアレに手を出してしまった。

DCF_0002.jpg

ウチの職場の倉庫からなぜか発掘されたゲーセンの景品らしきプラモ。
スパロボのサイバスターっていう奴らしいんですが、よくわかりません。

DCF_0003.jpg


景品らしく、30分で素組み完了。バンダイ製だけど、出来もそれなり・・・。

倉庫で発見したときは、突っ込みどころ満載なキットだったので、切り貼りして、プラモ改造の練習にしようと思ってたのですが、その後、コトブキヤからキットが出たので、その気もなくなり放置していた奴です。

あああああああああ、またこんなブログをUPして時間を無駄遣いしてる~~~~
  1. 2009/12/26(土) 05:03:03|
  2. 社会福祉士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また買っちゃった!!

ってことで、ドイターのトランスアルパインです。

自転車通勤をしていて、昨年、同じくドイターのトランスポーターというメッセンジャーバックを買ったんですが、冬の宿直の際には荷物がかさばるため、内容量が20Lのトランスポーターではかなり役不足でした。で、目に付けたのがコレ↓


どうもドイターがMTB用に開発したリュックサックらしく、ヘルメットホルダーやレインコートが付属、おまけにチャリンコ用の水筒なんかも内蔵できるらしい(この機能は使わないの興味ない)スグレモノ。内容量も30Lと十分なものです。

で、実際購入したのがコレ↓
IMG_1135.jpg

某HPにトランスアルパインにカモフラージュ色があることを知り、ずっと探してたんです。しかし、人気がなかったのか生産中止になっており、ネットでもどこでも見かけず、あきらめてたんですが、ヤフオクで中古が出品されているのを発見しかなり安価でゲットできました。

早くコイツ背負ってF95に乗りたいですね~。
  1. 2009/12/22(火) 07:48:24|
  2. 璃美道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リフレッシュ

昨日、宿直明けで夕方、職場に残っていると鬼嫁からメールが・・・。
ウチの姫たちが急遽、祖父母宅に泊まるということになったとのことで、思わず「映画でも行く?」と返信。

バタバタと仕事を終わらせ、嫁(+ご長男様)と合流。
ファミレスで食事をし、その後、ウィンドウショッピング。その後ゲーセンで時間を潰して、「2012」という映画を観て帰って来ました。

映画自体は、今時の「CGすごいですよ的」な映画でイマイチだったんですが、久々に子供抜き(実際はご長男様がいましたが、乳さえやっとけば寝てくれるので)でのお出かけはすごくいいリフレッシュになりました。

普段はすべてが子供中心の生活。ファミレス入っても、子供中心にメニュー選び、ゲーセンでも子供中心、映画なんて上の姫が生まれて以来だから、実に4年ぶり!!、そんな生活の中で、フツーの独身時代は当たり前だったお出かけをすることで、宿直明けで普段ならバタンキューなのに、すごい充実感を感じられたし、リフレッシュできました。さすがにその後、独身時代のように「ラーメン食って帰る」と意気込んでみたものの、胃が受け付けず、すごすごと家に帰ることになり、年も痛感しましたが・・・。

これも、すべては祖父母の協力があってのこと。そしていつも仕事でいない僕の代わりに、家事と子育てに孤軍奮闘している鬼嫁に素直に感謝・・・の一日でした。

やっぱりこういう時間って必要ですね~。とガラにもなくしみじみと感じてます。
  1. 2009/12/21(月) 10:45:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VAI 「Sex & Religion 」

天才を超えて変態になったと言われるスーパーギタリスト、スティーブ・ヴァイがバンド結成し、作ったアルバムです。バンドメンバーが強烈です。ドラムにスティーブと同じザッパ・ファミリーの一員で達人と言われるテリー・ボジオ、ベースがこれまた強烈なルックスに、強烈テクニックを炸裂させるスーパーファンキーベーシストのTM・スティーブンス。そして、スーパー変態ギタリストのスティーブ・ヴァイ・・・。

そしてこの強烈なメンバーの中で、堂々とボーカルを務めるのが当時、若干二十歳の無名の新人、デヴィン・タウンゼントです。テクニシャン揃いのメンバーが醸し出す硬質で複雑な(聴けば聴くほど複雑な音の構成と音の多さ!!)、まるで機械が演奏しているような無機質なロックサウンドに、デヴィンの野生的で時に荒々しく、時に繊細なボーカルが他のHRバンドとは明らかに一線を画すアルバムに仕上がってます。

・・・とエラソーに書いてますが、そういうのは抜きにしてカッコいいんです。

まるで空を飛んでるような開放感が気持ちいい②「Here & Now 」、「このメンバーなのになんでこんなにポップなん?」と突っ込みたいけど、素晴らしいメロディーの③「In My Dreams With You 」、曲の終盤のドラムソロとデヴィンのシャウトが圧巻の④「Still My Bleeding Heart 」、そしてアルバムタイトルにもなっている、今にして思えばラップっぽい雰囲気がまた楽しい⑤「Sex & Religion 」と何度聴いても飽きない曲たちです。

ですが、それもここまで・・・。
⑥以降は、凡人の僕にはまったく理解できない曲がラストまで延々と続きます。変態の名に恥じないような、気持ち悪い⑩「Pig 」を始め、まったく聴きません。大体タイトルの「Sex & Religion 」だって直訳すれば「性交と宗教(直訳しすぎか?)」ですよ。

ジャケットワークもタイトルを意識したものになってますが、コレは結構カッコいいと思います。
611YYRMDAWL__SS500_.jpg

ちなみに運よく福岡にツアーに来たので行ったんですが、TMとテリーはアルバムを作ってさっさと脱退したので、残念ながら姿は拝めず・・・。サポートメンバーのモヒカンのベーシストは明らかにホテルからパクってきた浴衣で演奏してるってことしか印象にありません(涙)しかしツアーTシャツもこれまたカッコよかった。切腹したおじさんのお腹から火の玉が出ている浮世絵チックなイラストが最高!!まだ、あるかな~?あったらUPしますね。






  1. 2009/12/19(土) 02:42:31|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうしましょう?

キット君とこのブログを読んでて、思わず欲しくなって、衝動的に購入してしまいました。
IMG_1107.jpg
作る予定なんてないのに・・・・。

しかし、このキット。以前にノーマルの奴を素組みしましたが、どう考えても
・変形殺して塗装するのか?

・簡単仕上げでガシガシ遊ぶのか?

の二者択一をせまられそうなキットです。

どっちにすっかな~。

多分、ハセガワからファイター形態は出るだろうから、やっぱ簡単仕上げかな~。


いや、作る予定はないんですけどね・・・・。
  1. 2009/12/13(日) 02:23:12|
  2. 璃美道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TM NETWORK 「 Human System 」

クリスマスシーズンですねえ。
この時期、ラジオやTVでもクリスマスソングが沢山流れますが、僕はクリスマスソングが大嫌いです。
高校時代に大好きだったB'zもクリスマスソングを発表したのを機に聴かなくなりました。それくらい嫌いです。
それは僕がモテなくて、一度も彼女と楽しいクリスマスを過ごしたことがないドイツもコイツも鐘がカンカン、鈴がシャンシャンと甘ったるいメロディーにのせてどれも同じ音楽に聴こえるからです

そんな僕ですが、ワム!の「ラストクリスマス」やジョン・レノンの「ハッピークリスマス」、坂本龍一の「戦場のメリークリスマス(コレはクリスマスソングじゃないかも」なんかの名曲は素直に「いいなあ」・・・と聞き入ってしまうわけですが、それと同じようにこの時期に聴きたくなる1枚がTM NETWORK の「 Human System 」です。
6904a1909fa0f94f5645e110_L.jpg

もうアルバムのジャケットワークからして100%ストライクゾーンです。
中身のほうはというと②のKiss You(More Rock) ③のBe Together と、もうノリノリ(今風に言うとアゲアゲ?)のバブル全盛期を象徴するような曲(でも名曲だと思います)から始まります。④の Human System はモーツアルトの曲をイントロに使うセンスが当時としては非常にカッコよかったし、⑩のDawn Valleyは切なくなるようなピアノとサックスのインストナンバーです。

あまりファンからも名曲扱いされてませんが⑥のLeprechaun Christmas も大好きです。まあタイトルからしてクリスマスナンバーなんですが、この曲ではクリスマスナンバーには珍しい(と思う)ディストーションの歪んだハードなギターが絡んできます。コレが曲の展開や、シンセとの掛け合い等素晴らしい役割をしてくれてます。このギターは確かB'zの松本さんだったかな?・・・いや、違うかも。どちらにせよ、大好きな曲です。

今、考えると小室さんもこの頃が音楽家としては全盛期だったのかもしれませんね。どうも、この後からプロデューサーというか、仕掛け人的なイメージが強くなって、音楽的なアイディアよりも商業的なアイディアばかりが目立っていったような気がします。

まあ、気になった方はアマゾンの方で視聴できるようなので、聴いてみて下さい。

つーことで、今日は往年ファン感涙の、TM、FOD、B’z松本さんによるものです。


  1. 2009/12/12(土) 07:27:54|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルーマーダー

しばらく放置してたら、あっという間に師走ですね。
でも勉強もあまり進んでないのに、チャリも模型もやってないからネタが何もありません(涙)。

そんな中
先日、仕事帰りにフラッとリサイクルショップに立ち寄りました。結構好きなんですよね。
必ずCDコナーを物色して、昔聴いていたCDなんかを探します。年食ったせいでしょうか?最近では新しい音楽を聴こうと言う意欲はなく(もちろん経済的な理由もあるんですが(涙)、昔から聴き続けているミュージシャンや昔よく聴いたものばかりを購入してます。

そんなこんなで見つけた一枚がコレ↓
8dded0920ea0448d1c5e2210_L.jpg
 
ブルーマーダーの「ナッシン バット トラブル」です(もう英語表記するのもめんどくせぇ)

ホワイトスネイクに在籍し、「サーペンスアルバス」というこれまた名盤をデビッド・カヴァーデイルと作り上げたジョン・サイクスと言うギタリストが立ち上げた自身のバンド「ブルーマーダー」の2枚目のアルバムです。確かメンバーだった、カーマイン・アピスとトニー・フランクリンは、このアルバムを4年もかけて製作しているジョンに愛想をつかして脱退して、田村直美さんと北島健二さんと一緒に「PEARL」とかいうバンドを結成したような・・・そんなオチがあったような・・・・。実は弟が持っていたのを借りて聴いていただけなので、あまり詳しくは知りません。

なにはともあれ、懐かしくて思わず手に取るとなんと400円(涙)。洋楽ハードロックが下火な昨今、こんなモンですよね。で、早速車に乗り込み聴いてみると、

わっけ~な、オイ!

そんな印象の1曲目からのスタートです。ドンドン、シャンシャンと頭と腹に響くドラムとザクザクと刻まれるギターリフが、ルーズさのかけらもなく高密度な音楽を作り上げてます。いやあ、このアルバムを聞いてた頃はちょうど二十歳の頃・・・若さが爆発している感じです。

全体を通して聴いてみると正統派ブリティッシュハードロックの王道・・・ってしつこいな、オイ?っていう表現がぴったりの美しいメロディー満載な秀逸な一枚に仕上がっていると思います。80年代から90年代前半を象徴するような1枚です。

特にバラードの「SAVE MY LOVE」はハードロックと言うカテゴリーに納めるにはもったいないくらい素晴らしい1曲ですので興味のある方は↓から聴いてみてください。

SAVE MY LOVE

ってことで、気が向いたらお気に入りの一枚(激しく偏ったものになると思いますが)を洋邦問わずに紹介したいと思います。ああ~早く模型作りてぇ。
  1. 2009/12/06(日) 05:34:56|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

sleipnir131(どんどん)

Author:sleipnir131(どんどん)
讃岐産の福岡在住。
S49モデル!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
模型 (23)
ネタ (34)
璃美道 (43)
ガンダム軽装版 (10)
社会福祉士 (15)
?? (4)
音楽 (27)
メルセデスベンツSLRマクラーレン (7)
バッシュ (6)
この1枚を聴け! (8)
武者頑駄無 (3)
シャドウフレア (9)
なんちゃってドラゴントゥース (12)
エヴァ (7)
ぶ~ぶ~ (5)
テスタロッサ (8)
ゼルベリオス (1)
ビブロス (12)
nativeなネタ (11)
カール (12)
アメリカン (7)
金田のバイク (6)
過去の作品 (8)
刃馬一体 (9)
サーバイン胸像 (8)
インディアン スカウト (14)
ボークス 不知火 (8)
ボークス 馬頭の守護神 (7)
ビグザム馬鹿 (2)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


FC2Ad

まとめ

▲PAGE TOP