璃美道のおもむくままに

璃美道(リビドー)とは・・・精神分析で、人間に生得的に備わっている衝動の原動力となる本能エネルギー。フロイトは性本能としたが、ユングは広く、すべての行動の根底にある心的エネルギーとした。ここでは僕の璃美道を刺激されたことについて、ぬる~く語ります。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

POISON

今日は休みなので、本日2回目のUPです。
ずっと欲しいと思いつつ買いそびれていたCDです。
51o2By5moP5L__SS500_.jpg
POISONのギフトパック!!
ベストアルバム1枚とカバーアルバム1枚にPV集のDVDを3枚1組にしたお買い得版です。

実は、POISONというバンドはあまりよく知りません。ですが、この人たちの「NATIVE TONGUE」というアルバムが大好きです。っていうか、20歳の時にこのアルバムをはじめて聞いて以来、コレを越えるアルバムには未だに出会っておりません。もし、あの世に1枚だけアルバムを持っていくことを許されるなら、今の僕は間違いなく、この1枚を持っていきます。それくらい大好きな1枚です。
41F8GDMY43L__SL500_AA240_.jpg
このアルバムを発売した頃のポイズンはというと、デビュー当時から在籍していたCCデヴィルというギタリストが脱退(解雇?)し、当時若干20歳ながら技巧派として知られつつあったリッチーコッツェンを迎えて作られたのが、このアルバムです。それまで、「パーティーロック」だの「中身がない」だの「演奏が下手」だの言われていたポイズンが、今までのイメージを一新し、ブルージーなハードロックバンドとして生まれ変わったのです。

その頃僕は、色んなHRバンドのCDを聞き漁って行くうちに、ド派手なHRより、泥臭いギターリフや、カントリーっぽいアコースティックな曲に惹かれるようになっていたので、「BURRRRN!!」というHR/HMの専門誌で、上記のようなレビューを書かれてあったのに興味を持ち、購入したわけですが、これがもう・・・・脳みそを打ち抜かれるような衝撃がありました。

ゴスペルを取り入れた「スタンド 」やロックンロールな「ライド・チャイルド・ライド」ブルージーで哀愁の漂う「 アンティル・ユー・サファー・サム(ファイア・アンド・アイス)」や「シアター・オブ・ザ・ソウル」・・・それ以降というか、今の僕の音楽的嗜好だけでなく、趣味や生活、人生などの色んなものに影響を与えている1枚といっても過言ではありません。残念ながら、その後リッチーはメンバーの恋人を寝取って、ポイズンを解雇されてしまい、この奇跡のアンサンブルを聴くことはできなくなってしまいました。

ですので、これ以外のポイズンのアルバムにはまったく興味のない僕だったのですが、「NATIVE TONGUE」のライブDVDを買ったことでポイズンのイメージが少し変わりました。「NATIVE TONGUE」に収録されている曲以外も非常にイイ・・・。もしかしてただの聞かず嫌いではないのかと思い、興味がわいていた頃に、ギフトパックの情報を見つけました。何よりこのギフトパックには名曲「スタンド」のPVも収録されている。またこのPVがムチャクチャカッチョいいのです。ってことで、やっとこさ購入に踏み切りました。

で、聴いてみた所・・・

正直、1回目に聴いた時、速攻ヤフオク行きかな~と思いました。何よりもサウンドが薄っぺらです。演奏がヘタクソ・・・ってのも納得です。特にギターは演奏するのに一生懸命なんだろうな~って感じで、ついていくのに精一杯な感じです。しかし、2回目を聴くと、やっぱり曲がいいんですよね~。ノリのよい「「ナッシン・バット・ア・グッド・タイム」や「アンスキニー・バップ」も良いのですが、「エヴリ・ローズ・ハズ・イッツ・ソーン 」や「サムシング・トゥ・ビリーヴ・イン 」といったバラードが特に良いです。「「サムシング・トゥ・ビリーヴ・イン 」なんかは歌詞もメッセージ性が強く、「パーティーロック」だの「中身がない」だのといった評価がぶっ飛ぶほど渋いっす。

演奏面もどんどん上手くなっているし、サウンドも分厚くなっていきます。特にブレッドの歌は最初こそ、どーしようもないものですが、どんどん声が枯れて渋みが増すことで、表現力が出てきたと思います。巷ではリッチーが加入したことで、ポイズンの音楽的幅が広がったように言われたますが、どうも今までのイメージを脱却しつつあったポイズンが、たまたま必要としていたのがブルージーでテクニカルなギターーとボーカルを持ったリッチーだったってことなのでしょう。

まだ、PV集は観れてないので(どんなアホアホロックが観れるか楽しみ)分かりませんが、とりあえずヤフオク行きは見送りです。やっぱ音楽はテクニックも大事ですが、一番は曲の良し悪しなんでしょうね。そういえば、イエスだかピンクフロイドだかのプログレバンドが、ビートルズの演奏を観て、遊びで演奏しているのかと思ったら、当のビートルズは大真面目に真剣に演奏していたと言う話を聞いたことがあります。それくらい、ビートルズの演奏はヘタクソだったってことでしょうね。でも、イエスやピンクフロイドを知らない人はいても、ビートルズを知らない人は少ないですもんね。

ってことで、皆さんもコイツを聞いてくれい!!

STANDのPV


スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 15:46:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

てっかてか!!

すっかり模型のテンション落ちっぱなしですが、地道にベンツ進めてます。
で、一番やりたかったことまでやっと到達しました。コイツです!!
IMG_0403.jpg
コンパウンドによる磨き作業!!

両方ともボークスのコンパウンド。右が3000番で、左が9800番。むか~し、まだ独身時代だった頃、つまり自由気ままにお金を使えたあの懐かしい頃に、なんとな~く買っておいたものです
で、ほとんど使ったことがないまま、容器がこんなに変色するまで放置されていました。大体、3000番と9800番ってそんなに違うもんなのかと結構、疑心暗鬼だったもので、試しに比較用に磨いてみました。

IMG_0399.jpg

その違いが分かるでしょうか?上の3000番で磨いた部分に映り込んだ蛍光灯がややビームサーベル状に映り込んでいるのに対し、9800番はきれいな蛍光灯の状態で映り込んでます。画像では本当に微妙なんですが、生で見るとかなり違いが分かります。いやあ、お金払っただけの効果はありますね。

で、泣けたことも一つ。
IMG_0401.jpg
コンパウンドで磨いてピカピカになるまで気がつかなかったヒケ・・・。もう泣きそうです。ちなみにこのパーツ、バンパーのパーツなんですが、エッジが多すぎるデザインのため、コンパウンドで磨いただけで、エッジの塗膜が落ちちゃって、車庫入れの下手な奴の車・・・つまり僕の車?(T_T)になっちゃってます。




もう面倒くさいんで気づかなかったことにしちゃいますけどね。
  1. 2009/06/30(火) 09:28:15|
  2. メルセデスベンツSLRマクラーレン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本格的に入梅・・・

梅雨の合間にクリアーがけまで済ませて、後は磨き作業・・・・と順調に進んでたんですが・・・・。

磨きの為に1500番で磨いてたら・・・・
IMG_0390.jpg
これだからエッジの処理は苦手です。また最初からやり直し・・・・。




ところで昨日?は父の日だったんですかね~?
幼稚園に入園した姫から似顔絵のプレゼントを貰いました。定番とは言え、嬉しいもんです。かなり先生の手が入っているようですが・・・(笑)
Image861555.jpg
どちらにせよ、この配置はウチの夫婦間の力関係が現れてます(T_T)

  1. 2009/06/22(月) 09:26:13|
  2. メルセデスベンツSLRマクラーレン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

円游律

先日のFODのライブの興奮がまだ冷めず、やっとこさ手に入れました。
41kzB9NmrmL__SS500_.jpg

FENCE OF DEFENSE 「円游律」

「HOT DOGS2」と「挑戦進化」の間に発売されたミニアルバムなんですが、7曲しか入ってないのに2500円と、普段、洋楽のアルバムしか買わない僕にとっては(洋楽はフルアルバムで2500円くらい)「高い~ぼったくってんじゃね~よ」ってな値段設定なわけで、なかなか購入に踏み切れず、まあ、この前のライブに行ったときに「どうせ、会場で売ってるから買えばいいか~」くらいに思ってたら、売ってなかったので、結局購入する機会に恵まれずにいました。

で、早速聴いてみたんですがこれがもう・・・最高にカッコいい!!HOT DOGS2とは趣向の違ったアルバムに仕上がってますが、同じくらい満足度があります。帯には「プログレとフェンスビートの再融合」と書かれてありますが、プログレをあまり聴いたことがないので、このアルバムがプログレかどうかは分かりませんが、とにかく僕的には最高にカッコいいアルバムの一つに決定です!!

1曲目の「The Seed of Light」
これは挑戦進化の最後にライブ収録が入ってるので、初ではなかったのですが、コレだけは残念ながら、挑戦進化バージョンのほうがカッコいいと思います。挑戦進化バージョンをはじめて聴いた時、イントロのカッコよさが印象的でした。ぜひ、今度始まる「ガンダムUC」のOPにはコイツを使ってもらいたいっていうくらいイメージがピッタリはまって最高にカッコいいです。しかし、原曲の方はというと、挑戦進化より多重録音を使って、複雑な音をしているのにもかかわらず、なんか音が薄っぺらです。挑戦進化バージョンはライブ録音のせいでしょうか?シンプルな構成にも拘らず、音(特にギター)に深みと重みがあってカッコいいのですが・・・。

2曲目の「Karma:Code」
コイツも最高にカッコいいです。この曲とThe Seed of Lightを聴くと健ちゃんのギターリフはマジで神業と思うくらいカッコいいです。僕がFODに惚れ込んでいる大きな理由の一つですよね。日本人でここまでカッコいいギターリフを作れるのは、健ちゃんと、あえて言うならローリー寺西くらいだと思ってます。

そして、3曲目の「夢想月」と7曲目の「SAKURA ~ 夢咲くこの場所で ~」はミディアムテンポの、本当に「いい曲だな~」って思える曲に仕上がってます。

5曲目の「Spiral Rondeau」も挑戦進化にライブ収録が入っているのですが、こちらはThe Seed of Lightと反対に、こちらの原曲のほうがカッコいいです。ライブ版では分からなかった複雑な曲の構成(特にドラム、亘さん大変だろうな~)が聴けば聴くほど、新しい発見をさせる嬉しい曲になってます。

そして大きく嬉しい誤算だったのが
4曲目の「fly」と6曲目の「Skippin' Lovers」。flyは今までのFODにはなかった非常に質の高いポップな曲に仕上がってると思います。今までもポップな曲はあったんですが、いかにも日本人好みなポップスというより歌謡曲っぽい感じで、僕的にはありえない曲だったんですが、この2曲は非常に品がいいというか気持ちよくなる曲です。flyは健ちゃんボーカル(だと思う)で、「え?!健ちゃんってこんなに歌が上手かったの?(失礼!!)」って耳を疑うほどで、また歌詞も非常にいいです。Skippin' Loversは・・・こういうのなんていうんでしょうか?フレンチポップスって言うんでしょうか?本当に聴いてて気持ちがいいです。

いやあ、なんで早く買わなかったんだろうと本当に後悔してます。ほんともっと皆さんに知ってもらいたいバンドですね。



先日のライブ以降、FOD熱は冷めるどころか、熱くなる一方です。最近では、飯を食ったりしながら某動画サイトで、昔のラジオ番組なんかを聴いてるんですが、80年代後半にSFロックステーションという番組が、東海地区でやっておりまして、当時バンドブームの先端を走ってい方々がDJ(氷室さんや布袋さん、TMネットワークの面々など)をやっており、香川に住んでいた僕は聴きたくても聴けずに、たまに名古屋に住む祖母の家に泊まりにいった時だけ、一生懸命きいておりました。便利な時代になったもので、その頃のラジオを録音したものを動画サイトで聴けるんですね。で、FODがゲストの時のものを聴いていたんですが、3rdアルバムについて聴かれているときに、司会者が1.2枚目のマニアックな内容から、今度は一転、オーディエンスを意識した分かりやすいものを作ったんですか?という趣旨の質問を受けており、その時に亘さんが「いや、オーディエンスを意識したよりマニアックなものを作りました」と真面目に答えておりました。「なんで、そうなるっ?!って思わず突っ込みたくなるくらいのこの感違いっぷりと言うか、職人気質というか(笑)そんなFODが大好きです!!



  1. 2009/06/19(金) 10:44:17|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの日の思い出

先日、TVで「亡国のイージス」の映画がやってましたね~。観たかったのですが、仕事ですっかり忘れており、ちょっと残念。まあ、時間に余裕ができればレンタルしてきます。

この「亡国のイージス」という作品には非常に思い入れがあります。正確には映画ではなく、小説のほうなんですが・・・。原作者は現在、ガンダムUCを執筆中の福井晴敏さんですよね。

ちょうど、5年前、僕は病気で寝込んでしまい、3週間ほど仕事を休んで休養しておりました。丁度、4月に転職し、慣れない職場で朝から晩までシクハクしてましたので、6月に発病となると、周囲からは「ストレスやろ?」と言われておりました。実際、Drに原因を聞いた時もストレスと言われたのですが、転職直後と言うこともあり「なんでもストレスのせいにはしたくないなあ」なんて思ってました。40℃を越す高熱が1週間以上続き、一時期は原因不明でどうなるかと思ったんですが、入院して原因が分かると薬が効いたこともあり、あっという間に平熱に戻り、暇をもてあましていた頃に病院の売店で見つけたのが「亡国のイージス」だったのです。張り巡らされた伏線と、恐ろしいまでに突き詰められたストーリーのディテールにのめりこんで、退屈な入院生活を乗り切りましたね。その時、嫁さんは上のチビを妊娠中、しかも臨月を迎えて車の運転もままにならない中、電車とバスを乗り継いで、入院先まで毎日看病に来てくれて本当に感謝してます!!!。

ところで、その時に罹った病気ってのが「単核球症」という病気でした。なんでも主に乳幼児が罹る病気だそうで、30過ぎのオッサンが罹るのは珍しいとDrも頭を抱えておりました。そんなこんなで無事、回復し、仕事にも復帰し、長女も無事に出産し、平和な毎日を過ごしていましたが、退院して半年後くらいに、僕の母から一通の手紙が届きました。中には新聞の切抜きが同封されており、「あんたの罹った病気の記事があったよ」というメッセージが・・・。そしてその記事にはこんなことが書かれてありました。

「単核球症・・・本来は乳幼児期に罹る病気であるが、最近では若い男女の性関係が乱れ、不特定多数の男女間で性交渉が行われているため、唾液からの感染が増えている一種の性感染症である。

・・・・・ってオイ!?どんな記事わざわざ送ってくるんじゃ?かーちゃんはウチの家庭を崩壊させたいんかい?!?!?!


もちろん、コレを読んだ嫁さんは
「仕事、仕事って朝から晩まで一体、久留米でナニしてんの!?!?」


ってことで、最後に近況報告。
Image861.jpg
ベンツもようやくここまで終了。やっとここからが本番。やりたかった艶々のボディー塗装!!しかし、世間は梅雨真っ只中。でも今年は空梅雨になりそうなので、どうにかなるかな?
  1. 2009/06/17(水) 11:31:54|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F.O.D最高!!

二日ほど遅くなりましたが、さる6月6日、FENCE OF DEFENSEのライブに行って来ました!!
ライブリポートは、他のファンの方々のHPやブログにUPされると思いますので、個人的になエピソードを中心にリポートをいたします。

さて、F.O.Dのライブは実に15年ぶり?3回目くらいになります。前回はHOTDOGツアーで福岡の都久志会館だったと思います。確かその時の彼女と行った様な気がします。それはそれで色んなエピソードが・・・・それはさておき、今回はそれから長い時間を経て我が長女(3歳)との参戦です。もちろん我が娘にとって初ライブ!!それがF.O.Dのそれも西村さんの故郷佐賀での凱旋ライブということで、かなり楽しみに(そして少しの不安)しながら会場まで向かいました。

会場は僕が大学時代を過した佐賀。よくラーメンを食べに行ってた一休軒のそばのライブハウスでした。かなり小さな会場でしたが、それだけにF.O.Dのメンバーが間近で見れるというファンには堪らない環境です。緊張した面持ちでライブが始まるのを待ちました。ホールのほうは、前3列ほどは熱狂的なファンの方々、後ろのほうは西村氏のご友人らしき年配の方々が多かったですね。といってもファンの方々自体が年齢層高いのでちょっとびっくりでした。一応、娘をトイレに行かせて、おやつの飴も握らせて、準備万端にしたところで、ライブ開始です!!

・・・・アリ?このオッサンだれ?・・・・と思ったら前座バンドがいたようです。ジャン・レノ風のオヤジがギターとボーカル、その奥さんらしき人がベース、ともに40代後半くらいの年齢か?娘を連れていた関係で遠慮して、最後尾でライブを観戦していたのでドラムの方の姿が良く見えませんが、その年齢に相応しく安定感のある演奏ですごく好印象です。特にドラムの演奏はパンチも効いててなかなかGOOD!!です。MCが始まるとビビったことに、家族で結成された3ピースバンド!!名前はベムベラベロ(笑)。ドラムの方は何と小学5年生!!恐るべき演奏力です。その時父は思いました。我が娘にもドラムを習わせたいと!!そんな我が娘は父に肩車をされてノリノリで体を揺らしながらライブに見入ってます。一安心です。実はあまりのでかい音と暗いライブハウスの環境にビビッて泣いてしまうのではないかと心配しましたが、そんなことは杞憂に終わりました。これでライブを全開で楽しめます!!ってことで、前座バンドの演奏は5曲で終了!!特に最後のオヤジの歌はいい曲でした。

ベムベラベロのHP

そして本番のF.O.Dのライブ開始です。F.O.Dらしく最初は、和太鼓と笛の演奏からです。そして挑戦進化からの楽曲を数曲。曲間のMCも今までのライブに比べたら西村さんの緊張が伝わりながらもアットホームな感じでイイ感じです。娘も肩車をされながら、手拍子をしてライブに見入っています。

ところが、F.O.Dヒストリーと題して、封印したはずのEPIC時代の曲を始めた頃から、娘が「おやつが欲しい」だの「喉が渇いた」だのぐずり始めました。スタートダッシュが影響したのか?どうもガス欠のようです。仕方がないので、ホールの外のバーのような所で、娘にジュースを買ってやったり、お菓子を与えたりしながら、窓越しにライブを観ていました。そんな所に、年配の女性が声をかけてこられました。娘に対し「眠たくなったの?」「いい子ね」と優しく声をかけてくださりました。なんでも孫だか姪っ子だかがウチの娘と同い年だそうで、ウチの娘を見て「でかい」と驚いておられました。その女性は僕らと同じように会場の一番後ろで(しかも僕達の隣で)、更にご高齢のご夫婦と一緒に4人で観られてたので「もしや?」と思いましたが、声をかけきれずにいました。

その後も娘のグダグダが続き、結局、僕らはライブ会場に戻ることなくライブは終了(T_T)。途中、和太鼓とのジャムセッションみたいな所は3人とも本当に楽しそうで、さすがにこの時は娘を連れてきたことを後悔しました。

しかしお約束のアンコール!!もう一度、気を取り直して娘にホールに戻るか聞くと元気よく「うん!!!」と答えてくれたので、最後の2曲「希望の虹」と「Freaks」は親子でノリノリで、ベンチの上に乗って肩車で踊りながら聞くことが出来ました(娘よ、ありがとう!!)

西村さんの「また来るぜ!!」と言う言葉に期待しつつ、ホールを出ようとしていたら、先ほどの女性がウチの娘をみて「こんなに大きいのにまだ3歳だって」とご家族の方に紹介されてます。思い切って「西村さんのご家族の方ですか?」とお聞きすると、まさしくその通り!!西村さんのご両親とお兄さん夫婦とのことで、なんだか得した気分になりました。

バーのほうにはまだまだ人がごった返しており、娘に無理もさせたし「早く帰らなきゃ」と焦ってると、「CD買ったら、握手会があるんだって」というファンの方の声が・・・。「娘よ、スマン!もうちょっとと~ちゃんのわがままに付き合ってくれ!!ってことで、速攻CDを購入。山田さん、北島さんそして最後に西村さんの順番でCDにサインをしていただき、もちろん親子で握手もしてもらいました。実はすごい緊張して、その時の状況はよく覚えてません。ただ西村さんが娘に「また来てね~」と優しく手を振ってくれたのがとても印象的でした。こんなんだったら勇気を出して、写メでも一枚撮らせて貰えばよかった(T_T)。

そんなこんなで、大満足の一日でした。セットリスト的に言うと、僕の大好きな曲は「希望の虹」くらいしかなかったのですが、アットホームなライブの雰囲気とちょっとしたサプライズで今までの中で一番良かったライブでした。しばらく洋楽しか聴いてなかったのですが、当分の間はF.O.D熱が続きそうです。

ってことで、布教活動の一環として今回のツアーの様子が公開されてるので紹介。
FAT MONKEY


ついでに大好きな一曲も紹介

VIORET SONGS

そして最後に懐かし青春の一枚。
Image859.jpg
学生時代、入りたくても入れなかったストリップ劇場。その名も
「DX(デラックス)さが」えらく寂れてたんですが、もう潰れたんですかね・・・?
  1. 2009/06/08(月) 08:52:43|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日は・・・

いよいよFODのライブ。それも西村氏の故郷 佐賀での凱旋ライブ!!(ちなみに僕にとっても第2の故郷!!)  ってことで、一応、上の姫を連れて参戦予定。今日は早々に寝ます♪。

追伸
蛍の季節ですね~。我が家は田舎にあるので、車を2.3分走らせると、少ないながら蛍が見れます。子供達もお喜び!!田舎に住んでて良かった~♪。今度、余裕があれば写真撮って来てUPしますね。
  1. 2009/06/05(金) 23:43:44|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう無理

もう限界です。ベンツの塗り分け、超面倒くさい。この上、艶を調整したオーバーコートなんて絶対無理!!

どうせ、室内や足回り、エンジンなんて組んだら見えなくなるし、完成後もそういうところに見せ場を作る人って、本当にマニアな人だけだろ!!ってことで、こらえきれずに組んじゃいました。

P6040018.jpg


かっこいいじゃねーか!!このヤロー!!!!!!

でも絶対無理!!こんな小さな所までマスキングで対応なんて絶対無理。技術うんぬんじゃなくてモチベーション的に無理。でもやっぱ筆塗りでは汚すぎる・・・。


やべー・・・もう一個このキットが欲しくなってきた・・・

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/04(木) 09:47:32|
  2. メルセデスベンツSLRマクラーレン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

sleipnir131(どんどん)

Author:sleipnir131(どんどん)
讃岐産の福岡在住。
S49モデル!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
模型 (25)
ネタ (34)
璃美道 (43)
ガンダム軽装版 (10)
社会福祉士 (15)
?? (4)
音楽 (27)
メルセデスベンツSLRマクラーレン (7)
バッシュ (6)
この1枚を聴け! (8)
武者頑駄無 (3)
シャドウフレア (9)
なんちゃってドラゴントゥース (12)
エヴァ (7)
ぶ~ぶ~ (5)
テスタロッサ (8)
ゼルベリオス (1)
ビブロス (12)
nativeなネタ (11)
カール (12)
アメリカン (7)
金田のバイク (6)
過去の作品 (8)
刃馬一体 (9)
サーバイン胸像 (8)
インディアン スカウト (14)
ボークス 不知火 (17)
ボークス 馬頭の守護神 (7)
ビグザム馬鹿 (2)
アルカナサイレン (6)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


FC2Ad

まとめ

▲PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。