璃美道のおもむくままに

璃美道(リビドー)とは・・・精神分析で、人間に生得的に備わっている衝動の原動力となる本能エネルギー。フロイトは性本能としたが、ユングは広く、すべての行動の根底にある心的エネルギーとした。ここでは僕の璃美道を刺激されたことについて、ぬる~く語ります。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LAY YOUR HANDS ON ME

BON・JOVIではありません。
BOOM BOOM SATELLITESの方です。
ブンブンサテライツ最後のアルバムってことで、Yahooニュースなんかでもいっぱい取り上げてられたので、ご存知の方も多いと思います。実は僕はブンブンのことはよく知りません。ガンダムUCのEP5の主題歌を担当していて、その曲がめちゃくちゃカッコよかったということしか知りませんでした。ですので、国内でどれくらい人気のあるバンドであるかもよく知りません。でもこの反響を見る限り、かなり人気のバンドであるようですね。
ですがこの「LAY YOUR HANDS ON ME」発売以降、僕はブンブンにどハマリしてます。休みや仕事の休憩時間ではずっとネットでブンブンに関する記事や動画を見ております。きっかけはやはりYahooニュースの記事にあった活動終了の文字でした。活動終了という文字の意味もよく考えずにその記事を読んだんですが、内容を読むと「解散」ではなく「活動終了」である意味をしり衝撃を受けました。バンドの概要はウィキペディアで十分補填されると思いますので割愛しますが、vo.gの川島さんが5度目の脳腫瘍を再発し、活動が困難になったため活動ができなくなったというのです。
二人組のロックユニットであるブンブンの川島さんが初めて脳腫瘍が発症したのはデビューした年とのことで、それから約20年間、川島さんはこの脳腫瘍と戦いながら活動を続け、相方であるb.prの中野さんはそれを支え続けてきたそうです。
そして今回の「LAY YOUR HANDS ON ME」は5度目の再発が分かってから作られた作品ということですが、その制作過程の困難さが色々な所で語られてます。
何度かの手術により2割を摘出され、治験にも参加した川島さんの脳は、記憶障害や行動障害を少しづつ引き起こし始めたそうです。歌詞を作るのに2ヶ月以上かかる、メロディーが覚えられない、10分前に打ち合わせたことが忘れている・・・。ニュースZEROでの特集を見ましたが川島さんの発する言葉は、非常にスローになり、不明瞭となっていましたし、音も取れなくなっている場面も撮されておりました。それを支える中野さんの努力も大変なものだったと思います。特に12月以降、川島さんがスタジオに来ることがなくなり、中野さんは一人で作業をしてきたとのことで、その孤独感は大変なものだと思います。なぜならブンブンはずっと川島さんと中野さんの二人で作業してきたバンドですから・・・。
そんな困難な状況に立ち向かいながら作られた「LAY YOUR HANDS ON ME」は、最後の作品になるであろうことを前提に作られたにもかかわらず、キラキラとした希望に満ちたサウンドに溢れていました。様々な障害と闘いながら作られた川島さんの詞は、希望に溢れ、多くの人に勇気を与えるような素晴らしい歌詞となっております。
そしてこの曲のMVには川島さんの実子が参加されております。ニコニコとした可愛らしいお子さんが元気に飛び跳ねる姿は、曲や歌詞とマッチしております。MVに実子を起用したことに対し批判的な意見も多く見られましたが、僕的にはこの曲、歌詞、それに込められた(ご家族や中野さん、そしてファンに向けた)メッセージ、このMV、そしてこれらが作られたそれまでの過程、全てが一つのパッケージとして素晴らしい作品となっていると思います。

この作品が作られるまでの過程は中野さんのツィッターからも読み取れます。困難、苦悩、迷いなどと共に長年ともに活動してきた川島さんへの愛情もしっかりと伝わる言葉で溢れており、40過ぎのおっさんですが涙しながら読んでしまいました。特に川島さんのご家族と一緒にディズニーランドに行ったところなんかもう・・・・
今回、様々な画像も公開されてます。印象的なのはお二人で冬の海で撮影されている画像。花束を持って二人で並んでいる写真ですが、障害の影響かもしれませんが、やや気難しそうな顔して写っている川島さんを笑顔で見守る中野さん。その笑顔からは愛情がしっかりと伝わってきます。
普段は僕の好きな曲をかけると顔をしかめる我が子達ですが、このエピソードを話してからは子供たちもこの曲が大好きになってくれました。
思い入れたっぷりに語ってしまいましたが、僕も人の親になり、なんとなく今の川島さんと親という部分で重ね合わせた部分があったのかもわかりません。自分でもわからないくらい今回、ブンブンさんにはまっております。
もしよければ、この記事を読んだ方もぜひ購入されて、MVと一緒にこの曲を楽しんでいただければと思います。

追伸;洋楽ハードロック好きの僕としての狭い知識から一言。スウェーデン出身のあの歌姫もドイツのあのスピードメタルバンドも歌詞は英語です。やはり世界で勝負するなら英語の歌詞は必須だと思っています。それと、これは小室哲哉さんも仰ってましたが、「日本人はどうあがいても白人のパワー溢れるボーカルには勝てない」と思います。その意味では、ブンブンのような打ち込み系とロックの融合は、日本人として世界に通用する一つの選択肢だと思います。でもコレはブンブンが作り出した訳ではなく、TM NETWORKや初期のB'z、そしてfence of defense、その他多くの先人達がやってきた音楽です。ただ先人達が歌謡曲然としていたのに対して、ブンブンの音楽は非常にアーティスティックです。そういう意味ではブンブンがまずはヨーロッパで火が点き、日本に逆輸入されたのも納得が行きます。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/08(金) 09:33:50|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ALL FOR LOVE

先日、ラジオで懐かしい曲を聴きました。

million2004ch-img551x488-1267264225my3joh6810.jpg

映画「三銃士」のサントラに入っている「ALL FOR LOVE」と言う曲です。

もう17~8年前の映画でしょうか?友人に「ええ曲やで」と無理やり薦められました。

しかし、その歌っている面子がすごい!!

ロッド・スチュワートにスティング、ブライアン・アダムスという、当時すでに一流を飛び越し、超一流になっていた3人の夢の競演です。

で、また曲がいい!!歌唱力ももちろん最高!!歌っているお三方はもちろんですが、こんな夢の競演を企画し実現させたウォルトディズニー・ピクチャーズはエライ!!

昨今のどこの馬の骨とも分からん歌手同士が「フューチャリング~」としてコラボしまくってるのとはスケールも中身も違いすぎます!!

さすがに古いCDなので、ヤフオクでしか見つからず、それもすごい値段で叩き売られてましたが、聞いたその晩には、もう一度聞きたくなり「ポチっとな」とした次第です。

ぜひ聴いてください!!
ALL FOR LOVE
  1. 2011/09/21(水) 13:00:54|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2235 UPDATE

何も更新するネタがありませんので、以前に購入したFODの2235 UPDATEの感想でも書いてみようと思います。
junichirosuzuki-img432x600-1282862741rlhsl170906.jpg

20年前、FODは2235 ZERO GENERATIONというコンセプトアルバム(プログレ作品?)を発表し、武道館でのワンマンライブを敢行しました。今回は、そのライブを現代の演奏技術や機材、考え方でUPDATEした上で再現したかったらしいです。

詳しい内容は他のファンの方々のHPを観ていただくとして、FODのLIVE DVDには副音声で、お三方の「だべり」が聴けます。もちろん、このDVDを観ながらだべってるわけですが、お互いのミスをばらしたり、ボケとツッコミがあったり、思わずクスクスと笑ってしまう下らなさです。またこのDVDはあまりカットしていません。ですので、途中でギターの音が出なくなって、西村さんの目が泳いだり、山田さんでドラムで入るのを忘れてて謝ってたりといった場面も見られます。

FODのライブを見て思うのは「もったいないな~」ってことです。これは僕の主観なんですが、FODはいわゆる「打ち込み系バンド」です。よく分かりませんが、コンピューターでシンセサイザーの演奏をプログラミングした音楽に、ギター、ベース、ドラム、ボーカルを乗せた感じです。早い話がTM NETWORKと一緒です。

ただ、FODの場合、アルバムの再現を目指しているのか大幅にアレンジを変えることなくライブをします。普通のバンドなら、その日の演奏の良し悪しもあるし、それが「間」や「勢い」となってプラスに転ずることになるので面白いです。しかし、打ち込みというのは、プログラムするということは、データ化するということであり、その部分はある意味、CDとまんま同じってことになります。そうなると、いくらギター、ベース、ドラム、ボーカルを乗せてみても、なんだかバンドでカラオケをやってるような感じで面白味に欠けます。

TMの場合、ライブ、TV出演、CDにおいてもアルバム収録とシングルカットではアレンジをどんどん変えます。やっぱりそこがTMの魅力だったし、エンタ-テイメントだったんでしょう。FODもアレンジを変えないわけではないし、今年やったライブは2235のアレンジを大幅に変えた曲中心だったようなんですが、なんつーかやっぱりエンターテイメント性には欠けます(今年のライブは観てないのでなんとも言えませんが、今までのライブを観た感想として)。

しかし、FODには素晴らしい演奏技術があります。「星を継ぐもの」で魅せたような生演奏の絶妙な間合いというか雰囲気というかそういうのをもっと取り入れると、もっと楽しいライブになるのかな~と思うと、もったいない気がするわけです。

とは言ってもやっぱりFODが僕は好きです。日本人のバンドで金を払ってみたいのはFODだけです。TMが再結成してもお金を出して観たいとは思いません。それもFODがサポートになれば別の話ですが・・・。


なにはともあれ、今後の活動も期待しています。



  1. 2010/10/02(土) 23:23:48|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ダム・ヤンキース

昨日はとても暖かな1日でしたね。考えたらもうすでに3月・・・当たり前といえばそれまでですが。
ちょうどこの時期、桜の前の時期、まだまだ冬の寒さが残りつつも時折、ほっとするような暖かさを感じるような晴れの日に、車を運転しているとどうしても聴きたくなるアルバムがあります。

このバンドとの出会いは19歳の頃でした。
深夜に、うじきつよしさんが司会をする歌番組があってそれを観ておりました。
その日のゲストが、外タレバンドで、うじきつよしさんのテンションが無茶高かったのを覚えてます。

そして、うじきさん以上にテンションの高い、チビなおっさんが二人とひげを生やしたやたらとでかいおっさんが一人いる4人組バンドのライブ映像が紹介されてました。

演奏途中、ひげのおっさんが自分のギターをステージの片隅に立てかけ、いきなりボウガンを持ち出してギターを打ち抜き始めました。「なんちゅう、パフォーマンスだ・・・」と呆れながら見てましたが、そのルックス的にも地味なおっさんたちが奏でる、あまりにもオーソドックスなアメリカン・ハ-ドロックが、当時溢れかえっていた派手派手なハードロックばかりを聴いていた僕にはとても新鮮で、翌日、即効でCDを買いに行きました。

それがこのアルバムです。
61MPx84mUYL__SL500_AA240_.jpg

ダム・ヤンキースの1stアルバム「Damn Yankees 」です。
なんつーかその・・・バンド名からしておバカなアメリカ人丸出しですが・・・。


そして内容も、なんの変哲もないアメリカンハードロックです。当時、モトリークルーだの、ガンズだのが凝りに凝ったアルバムを発表して売れまくっていた中、あまりににも地味でしたが、乾いたギターの音色、分厚いけど爽やかなコーラス・・・そのどこを切ってもアメリカンな感じがとても気持ちのよいアルバムでした。実際、このアルバムも発売当初は目立ったセールを記録してませんでしたが、地味~に売れ続け、結構なヒットアルバムになったようです。

メンバーは、元STYXのトミー・ショウ、元NIGHT RANGERのジャック・ブレイズ(陽気なチビ親父の二人)、テッド・ニュージェント(でかいひげ親父)にドラムの4人です。トミーは、おっさんなのに少女漫画のようなオメメの持ち主でギターとボーカル。ジャックは数年前、B’zの松本さんとTMGを組んでましたが、ベースとボーカル、テッドはダムヤンキースではギターに専念しておりますが、ソロではボーカルもこなすようです。

トミーとジャックはこのバンドがきっかけで、ソングライティングチームとしても注目されたようで、ショウ&ブレイズとしてエアロスミスを始め、色んなバンドに楽曲提供をしています。

このアルバムに収録されている「High Enough 」という曲は、昔リーバイスのCMに使われていまして、聴いたことがある方も多いと思います。よければYou Tubeで、検索してみてください。素晴らしいバラードです。

で、この「どこをきってもアメリカン」な気持ちのよいアルバムは、ちょうど昨日のような気持ちのよい春の日によく合います。19歳の春、このアルバムを聴きながら友人たちと小さな軽自動車に乗って四国一周旅行をしたのも、いい思い出です。

残念ながら、このバンドは2枚のアルバムを発表して、活動停止状態。色んなバンドのライブを見てきましたが、このバンドのライブだけは観ることができませんでした。昨年、活動再開の噂もあったようなんですが、どうなったんでしょ?
  1. 2010/03/01(月) 02:39:40|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

135

今日は、まさにこんな1枚を紹介をするために、このコーナーを作ったといっても過言ではないというマニアックな1枚を紹介します。

2343d0b28fa0abd126d5b110_L.jpg


僕が小学校の6年か中学生だった頃、身近な友人の中でだけ「このCMカッコよくね?」と話題になったコンポのCMがありました。AKIRAのような近未来を連想させる都市からロケットが飛び立つアニメ・・・。たしかロボットコンポとかいう商品名だったと思います。で、動画サイトで探してみたらありましたよ!!ソイツが!!

ロボットコンポのCM

で、この曲を歌っているのが135というバンドです。曲名は「我愛你」。多分、中国語かなんかでしょうか?このタイトルは。CMからは近未来な感じを受けますが、タイトルといい歌詞といい非常にオリエンタルな曲が個性的で、当時、この曲のシングルレコードを持っていた友人にカセットにダビングしてもらい、繰り返し聴いてました。B面の「トキオの歌」もこれまたオリエンタルな感じ非常にカッコ良かったです。

ちなみに「我愛你」のフルバージョンはこちら↓
我愛你

つーかこちらにはアルバムが色々聴けるものもある。


つーかこのバンドって意外と人気あったのね。知らなかった・・・あのテレサ・テンまでカバーしてるし!!てっきり一発屋かと思ってました。
まあ、僕が知ってるのは1枚目だけなんですが、全体的にテクノポップというんでしょうか?テクノなのにオリエンタルでアコースティックな感じがいい感じなんですが、アルバムの6~7割がオリエンタルな感じが出し切れず、中途半端な歌謡曲になちゃってる感じが非常に残念です。それでも7曲目の「ナスカの風へ自由な蟻」なんかはいい感じです。もっとオリエンタルな路線を明確にすると、ヒットしていたかも・・・。

とりあえずAMAZONも貼っとくけど、プレ値ついてるし・・・(涙)


  1. 2009/12/27(日) 02:55:34|
  2. この1枚を聴け!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

sleipnir131(どんどん)

Author:sleipnir131(どんどん)
讃岐産の福岡在住。
S49モデル!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
模型 (25)
ネタ (34)
璃美道 (43)
ガンダム軽装版 (10)
社会福祉士 (15)
?? (4)
音楽 (27)
メルセデスベンツSLRマクラーレン (7)
バッシュ (6)
この1枚を聴け! (8)
武者頑駄無 (3)
シャドウフレア (9)
なんちゃってドラゴントゥース (12)
エヴァ (7)
ぶ~ぶ~ (5)
テスタロッサ (8)
ゼルベリオス (1)
ビブロス (12)
nativeなネタ (11)
カール (12)
アメリカン (7)
金田のバイク (6)
過去の作品 (8)
刃馬一体 (9)
サーバイン胸像 (8)
インディアン スカウト (14)
ボークス 不知火 (17)
ボークス 馬頭の守護神 (7)
ビグザム馬鹿 (2)
アルカナサイレン (6)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


FC2Ad

まとめ

▲PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。